ここから本文です

長友はプレミアクラブからも人気高く バーンリーが獲得に興味

theWORLD(ザ・ワールド) 1/7(土) 18:30配信

以前はサンダーランドも

フェリペ・メロの母国ブラジル復帰、ステファン・ヨヴェティッチのセビージャ行きなど、ここ数日インテルの選手に移籍の話題が増えている。その話題の1つとなったのが日本代表DF長友佑都だ。

米メディア「本田の次の停車駅はアメリカ」 ミランの”10番”は65%の確率でMLSに

今季はインテルのサイドバックが穴とも指摘されており、長友もポジションを確保できているわけではない。クラブは新たなサイドバックを探していると言われており、長友やダビデ・サントンなどには売却の噂もあった。その長友に興味を示しているのがプレミアリーグのバーンリーだ。伊『Calciomercato』など複数メディアが伝えており、今季ポジションを完璧に確保できているわけではない長友がイングランドからリスタートするかもしれないと伝えている。

長友には以前デイビッド・モイーズ率いるサンダーランドが興味を示しているとの話題も出たが、バーンリーはそれに続くプレミアリーグのクラブとなる。昨年もWBAなどが長友の獲得を狙っていたと言われており、長友はプレミアリーグから高い評価を受けているようだ。

インテル愛を貫く長友としてはクラブに留まりたいはずで、インテル側も長友以外の選手から放出したいと考えているようだが、今冬に動きはあるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:1/7(土) 18:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合