ここから本文です

1億円プレーヤーはドラフト何位が多い?

ベースボールキング 1/8(日) 11:15配信

ドラフト1位組の1億円プレーヤーは…

 オフの話題といえば、やはり契約更改交渉。まだ全員が判を押したわけではないものの、ほとんどの選手が2016年のうちに契約を更新している。

 年俸1億円以上の日本人選手に注目してみると、現時点で70人(未更改、FA組を除く)いる。1億円プレーヤーたちはドラフト何位でプロ入りしてきているのだろうか…。

 まずドラフト1位、自由獲得枠、希望枠をみると、ドラフト1位が22人、自由獲得枠が8人、希望枠が2人となっている。現時点でドラフト1位組の最高年俸が内川聖一(ソフトバンク)、坂本勇人(巨人)、山田哲人(ヤクルト)の3億5000万円、自由獲得枠は球界最高年俸の金子千尋(オリックス)の5億円、希望枠が4億円の松田宣浩(ソフトバンク)となっている。

【ドラフト1位】
3億5000万円 内川聖一(ソフトバンク/00年)※横浜入団
3億5000万円 坂本勇人(巨人/06年高)
3億5000万円 山田哲人(ヤクルト/10年)
3億円 筒香嘉智(DeNA/09年)
2億8000万円 中田 翔(日本ハム/07年高)
2億7000万円 大谷翔平(日本ハム/12年)
2億6000万円 阿部慎之助(巨人/00年)
2億3000万円 菅野智之(巨人/12年)
2億3000万円 福留孝介(阪神/98年)※中日入団
2億2500万円 長野久義(巨人/09年)
1億6000万円 藤浪晋太郎(阪神/12年)
1億5000万円 沢村拓一(巨人/10年)
1億5000万円 藤川球児(阪神/98年)
1億4500万円 今宮健太(ソフトバンク/09年)
1億3500万円 井口資仁(ロッテ/96年)※ダイエー入団
1億3000万円 石川 歩(ロッテ/13年)
1億2000万円 武田翔太(ソフトバンク/11年)
1億2000万円 平田良介(中日/05年高)
1億円 菊池雄星(西武/09年)
1億円 炭谷銀仁朗(西武/05年高)
1億円 T-岡田(オリックス/05年高)
1億円 野村祐輔(広島/11年)

【自由獲得枠】
5億円 金子千尋(オリックス/04年)
4億円 和田毅(ソフトバンク/02年)
4億円 鳥谷敬(阪神/03年)
2億2000万円 村田修一(巨人/02年)※横浜入団
2億円 内海哲也(巨人/03年)
1億8000万円 石川雅規(ヤクルト/01年)
1億3000万円 能見篤史(阪神/04年)
1億円 久保康友(DeNA/04年)※ロッテ入団

【希望枠】
4億円 松田宣浩(ソフトバンク/05年)
3億500万円 平野佳寿(オリックス/05年)

1/4ページ

最終更新:1/8(日) 11:17

ベースボールキング