ここから本文です

各球団発表、1月11日の契約合意、引退選手去就は?

Full-Count 1/11(水) 22:31配信

現役引退の元巨人・加藤が生まれ故郷で再出発

 日本ハムは11日、前インディアンスの左腕エドウィン・エスコバー投手と契約合意に達したと発表した。ベネズエラ出身の24歳は、メジャー通算27試合登板で1勝2敗、防御率7.01の成績をマーク。昨季は25試合登板(2試合に先発)で1勝2敗、防御率7.23だった。栗山英樹監督は「補強ポイントであった左のパワーピッチャーの獲得が決まり、大変心強く思います」とコメントを発表した。

各球団ここまで発表の2016-2017年引退、戦力外、補強、移籍一覧

 また、独立リーグ・ルートインBCリーグの新潟は、昨季限りで巨人を戦力外となった加藤健捕手のフロント入りを発表。役職は決まり次第、発表するとしている。加藤は新潟・新発田農高から1998年のドラフト3位で巨人に入団し、18年間同球団一筋でプレー。生まれ故郷の球団で再出発する。

セ・リーグ

【巨人】
加藤健捕手 BC新潟フロント入り

パ・リーグ

【日本ハム】
エドウィン・エスコバー投手 契約合意

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:1/11(水) 22:47

Full-Count

Yahoo!ニュースからのお知らせ