ここから本文です

夕方は魔界への入り口? 昼でも夜でもない「逢魔が時」とは?

1/12(木) 17:00配信

TOKYO FM+

お昼を過ぎて小腹が空き始める「3時」は、江戸時代では「八つ時」。「おやつ」の語源にもなっている時間です。そして今の季節は、だんだんと日暮れて夕方に。この夕方という時間は独特で、日本人はこの時を表わす言葉をたくさん作りだしました。今回は「夕方」にまつわる言葉のお話です。

空を真っ赤な色に染めて、西へと沈んでいく太陽。
一日の終わりを感じながら、ふと物思いにふける……そんな時間です。
なんだか魔法にかかったようなこの独特な時を表現するのに、日本人は多くの言葉を使いました。

「黄昏(たそがれ)」。
黄色の黄に、昏睡の昏という字を書きます。
昏は暗い、という意味があるのでまさに夕暮れの時間を指しますが、これは当て字。
本来は漢字そのままの「こうこん」と読みます。

江戸時代より前は「たそかれ」と濁らずに発音されていました。
「誰(た)そ彼(かれ)」……彼は一体誰だ?
薄暗くなった夕方、前から歩いてきた人の顔も良く見えない時代、「あれは一体誰?」と思うところからきたと言われています。
「黄昏る」という動詞としても使われ、盛りを終えて衰えて行く様子や物思いにふける様子などでも使われますね。

「入相(いりあい)」という言葉もあります。
日が山の端に入るころを表わすもので、「入相の鐘」という表現も。
夕方、赤く染まった空の下でお坊さんがつく鐘の音……なんとも風流です。

「逢魔(おうま)が時」。これも夕方を表わす言葉。
魔物に会う時間、逢魔が時。
妖怪や物の怪たちは光に弱く、昼間の間は出てきません。
薄暗くなったその時、活動しはじめる魑魅魍魎(ちみもうりょう)たち。
昔の人にとって夜は今よりもずっと怖いものだったため、夕方は魔界への入り口だったのかもしれません。

他にも夕方を表わす言葉はたくさんあります。
薄暮(はくぼ)、落日(らくじつ)、暮照(ぼしょう)……昼でも夜でもない不思議なこの時間。
影絵のように映る街並みを眺めながら、あなたは何を思いますか?

(TOKYO FMの番組「シンクロのシティ」2017年1月12日放送より)

文/岡本清香

最終更新:1/12(木) 17:00
TOKYO FM+