ここから本文です

迫力の火渡りに参拝客ら歓声 大阪で「柴燈大護摩祈願祭」

1/15(日) 18:08配信

THE PAGE

迫力の火渡りに参拝客ら歓声 大阪で「柴燈大護摩祈願祭」 撮影・編集:柳曽文隆 THEPAGE大阪

 堺市南区の福徳寺(桑原弘海住職)で15日、「柴燈大護摩祈願祭」が行われ、地元住民ら多くの参拝客が願い事を添護摩木に託し、諸願成就を祈願した。

【拡大写真】迫力の火渡りに参拝客から拍手が沸き起こった

 同祈願祭は屋外で焚く大護摩のことで、参拝者ら一人ひとりが願い事を添護摩木に託し、六根清浄となって神仏との縁を繋ぎ、諸願成就を祈願するもの。

 そして、後に火渡りも行われ、桑原住職らが燃え盛る炎の中を素足で歩き、参拝者からは「わぁ~」という驚きの声が多く聞かれた。

 その後、火をおさえた上で参拝者も火渡りに参加。子供らは参加する前に泣きそうな顔になる子もいたが、いざ歩ききると「できたー」とほとんどの子が笑顔になっていた。

 大阪管区気象台によると、同日は冬型の気圧配置の影響で気温が低く、同日午後6時までに最高気温は5.9度にとどまり、最低気温は氷点下0.7度だったという。

 この寒さの中、同区から訪れた女性(43)は「毎年来ていますが、地元の寺でこうした火渡りとかを体験できるのはいいことですね。子供も最初は怖がっていましたが、渡りきって自信がついたみたいです。願い事も叶うといいですね」と話していた。

最終更新:1/21(土) 11:12
THE PAGE