ここから本文です

IKEAに爆破予告で緊急避難 店員が見せた「神対応」とは?

1/16(月) 17:07配信

BuzzFeed Japan

1月15日午後6時15分頃、大型家具店「IKEA 鶴浜」に爆破予告があり、客や従業員が一時避難する事態が起こりました。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

日本の冬は美しい 13枚の写真でみる雪化粧

朝日新聞によると、同店に男の声で「店を爆破してやる」と電話があった。

通報をうけた大阪府警大正署が店に駆けつけると、すでに客らは屋外に避難。

その後、店内を捜索しましたが、不審物は見つからなかった。同署は今後、威力業務妨害の疑いで捜査する方針です。

買い物袋で防寒。IKEAの神対応

BuzzFeed Newsは、店に居合わせた客にその場の状況を聞きました。

「店にいたら急にサイレンがなって、避難するように言われました。従業員の人たちも一緒に逃げて、外で待機していました」

そのときの大阪市の気温は3.2度。客も「すごく寒かった」と話します。

すると従業員が、客に防寒用にとショッピングバッグ(買い物袋)を配り始めました。

「お店の人はほとんどが半袖や、長袖のポロシャツ1枚でした。上着を着ていても、それをお子さんに貸していました」

また別の客は話します。

「お子さんから優先的に毛布やバスローブが配られました。その後、毛布がない人に買い物袋を渡していました」

「袋で風を防げたのでかなり助かりました。店員さんはとても親切で『なにかしらできることを』と誠意を感じましたね。半袖のままの店員さんも多くいました」

避難中、文句を言う客はほとんどいなかったとのこと。

外に避難していたのは約1時間。店員の機転を利かせた行動が光りました。

「寒い中で、神対応だなと思いました。あとから従業員さんに聞いたら、緊急時は商品でも関係なくお客さんに配る決まりだそうです」と先の客は話します。

BuzzFeed Newsは、イケア・ジャパンに緊急時の対応などを取材中。回答が得られ次第、追記します。

最終更新:1/16(月) 18:41
BuzzFeed Japan