ここから本文です

【写真特集】ブルガリア共産党 廃墟となった党本部

アフロ 1/17(火) 15:07配信

ブルガリアの中部、シプカ。山を登っていくと、不気味な建物がそびえ立つ。1981年に建設され1990年代まで使用されていた、ブルガリア共産党の本部だ。閉鎖から約25年、UFOのような巨大な廃墟は今日も静かに佇んでいる。2017年1月撮影。

(写真:Ioanna Sakellaraki/Barcroft Media/アフロ)

最終更新:1/17(火) 15:07

アフロ