ここから本文です

記録的な大雪 最強寒波の影響が続く

AbemaTIMES 1/17(火) 13:41配信

 週末、記録的な大雪をもたらした寒波の影響が16日も続いている。

 過去最強クラスの寒波の影響で、16日も広島や名古屋など市街地で雪が降っている。16日午前11時の積雪は京都で7センチ、広島で3センチと週末からは減ったものの、慣れない都市部での積雪に混乱が続いた。また、関東も北部では大雪となっていて、群馬県藤原の積雪は171センチに達している。この後も北陸や東北の日本海側を中心に大雪が続き、17日朝にかけて北陸で最大80センチ、東北や関東甲信の山沿いで60センチの雪が予想されている。

 記録的な大雪の中、2日間にわたっておこなわれた大学入試センター試験は時間の繰り下げや再試験など1万人以上に影響が出た。大学入試センターによると交通の乱れなどのために受験者全員の試験時間を繰り下げた会場は14日3ヶ所、15日12ヶ所、と直近10年間では最多だった。時間を繰り下げても試験開始に間に合わず再試験となったのは79人だった。

最終更新:1/17(火) 13:49

AbemaTIMES