ここから本文です

将棋連盟・谷川会長が辞任発表「三浦九段に誠意を」

1/18(水) 15:40配信

THE PAGE

 日本将棋連盟の谷川浩司会長は18日、記者会見を開き、「将棋ファンや主催者、三浦弘行九段に誠意をお伝えするには辞任するのが一番との結論に至った」と述べ、会長を辞任すると発表した。

将棋連盟・谷川会長が辞任発表「三浦九段に誠意を」

 三浦九段が対局中にスマホを不正使用しているのではないかという疑惑に関して、将棋連盟は昨年10月、三浦九段の年内出場停止の処分を決めた。しかしその後、第三者調査委員会が「不正使用の証拠はない」とする調査結果を報告していた。

 谷川会長の辞任を受け、三浦九段は「このような結論になってしまったのは、とても残念です。将棋ファンのためにも、早く将棋界が正常な状態に戻ることを願っています」とのコメントを発表した。

<谷川浩司プロフィール>
1962年4月6日神戸市生まれの54歳。1976年に中学生でプロ棋士デビュー。21歳で史上最年少名人となる。その後、数々のタイトルを獲得し、終盤の寄せが早いことから「光速の寄せ」と呼ばれた。2012年12月に日本将棋連盟会長に就任。

最終更新:1/24(火) 8:12
THE PAGE