ここから本文です

成りたい人になるーー LGBT成人式「羽織袴にばっちりメイク」で参加した人の思い

1/18(水) 7:29配信

BuzzFeed Japan

保坂展人・世田谷区長

世田谷区は、2015年11月から「同性パートナーシップ宣誓書」の発行を始めた。これまでに43組86人が、宣誓書を受け取った。保坂展人区長はLGBT成人式でその取り組みを説明し、新成人にエールを送った。

世田谷区の宣誓書は、お互いがパートナーだと宣誓をした、という証明書を区が出すというもので、受け取るためのハードルは低い。大手携帯電話3社で家族割の対象になる際の証明書にできるなど、効果が出ているという。

それでも、国全体としての取り組みは想像以上に進んでいない、と保坂区長はBuzzFeed Newsの取材に話す。

「パートナーシップ宣誓書の取り組みについて、デメリットを指摘する声は聞こえてきません。にもかかわらず、同じような制度を採用する自治体が、思ったより広がっていません。まだ10に満たず、少し展開速度が遅いように思います」

その理由の一つは、国会や永田町での議論や、立法の動きが見えてこないことだ、と指摘する。

「日本社会は上意下達の傾向があり、残念ながら国の動向を気にする自治体は多い。ただ、自治体もこれからは議論せざるを得ない。特に東京都はオリンピックを控えています。多様性を打ち出すなら、都政にも明確なメッセージを発することが求められると思います」

2/2ページ

最終更新:1/18(水) 7:29
BuzzFeed Japan