ここから本文です

「沖縄ヘイト」と批判集まる番組「ニュース女子」 制作のDHC側に見解を聞いた

1/18(水) 18:30配信

BuzzFeed Japan

「沖縄の反対派は日当をもらっている」などと報道をしたTOKYO-MXTVの番組「ニュース女子」への批判は、制作を担当するDHC側へと広がっている。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

【写真】基地に反対する人たちと機動隊員

「歪曲」「沖縄ヘイト」などの指摘に対し、1月16日の番組では、初めて見解を出した。しかし、「議論の一環として放送」という15秒間の説明に批判はさらに拡大した。

これ以上のコメントはないのか。TOKYO-MXTVの広報担当者はBuzzFeed Newsの取材に対し、こう答えた。

「お伝えできる当社からのメッセージが16日に放送したメッセージです。今後どういったコメントをするかしないかは未定となっています」

一連の経緯を振り返る。

問題となった1月2日放送の「沖縄・高江のヘリパット問題はどうなった?過激な反対派の実情を井上和彦が現地取材!」では、沖縄・高江の米軍ヘリパッドへの反対運動を、軍事ジャーナリストの井上氏が報じていた。

番組では、反対運動への参加を呼びかける「東京で配られた」「5万円をあげると書いてある」というビラが紹介された。これに対して、配布していると名指しされた団体「のりこえねっと」は反発。

5万円は日当ではなく報道は「歪曲」で、「まったく取材を受けていない」などと、抗議声明を出していた。

また、井上氏は「トラブルに巻き込まれる可能性がある」「ここから先は危険」と説明して、反対運動の現場に行っていないが、そのリポートは高江から約40キロも離れた場所だった。

番組は、化粧品販売大手DHCグループ傘下「DHCシアター」が製作著作を担う。

BuzzFeed Newsは一連の問題への見解をDHCに問い合わせた。回答は「それにつきましては、当社としては回答しかねる」。

吉田嘉明会長のチェックを経たうえでの回答という。

「回答できない理由」を改めて問おうとしたところ、広報担当者からは「できないのではなく、しないということです」と返答があった。

「ニュース女子」の製作はDHCシアターだが、DHCとはどのような関係性にあるのだろうか。広報担当者は「(両方)オーナー吉田の指示で動いています」と話す。

「DHCもDHCシアターもオーナーは吉田嘉明です。どちらがどうこうという関係ではなく、オーナー吉田の指示で動いています」

BuzzFeed Newsは1月18日、「DHCシアター」側にも番組の意図などを問い合わせたが、返答はない。

1/2ページ

最終更新:1/18(水) 23:22
BuzzFeed Japan