ここから本文です

英国のメイ首相が単一市場からの撤退を明言、世界経済のブロック化が進む?

1/19(木) 15:00配信

THE PAGE

 英国のメイ首相が、EU(欧州連合)からの離脱をめぐり、EU域内の単一市場から完全に離脱する方針を明らかにしました。EU市場へのアクセスよりも移民制限や司法権独立などを優先することになりますが、英国は今後、どうなってしまうのでしょうか。

メイ首相は単一市場からの撤退を明言

 メイ氏は17日、EUからの離脱交渉に関する政府の方針について演説を行いました。この中でメイ氏は「EU域内での単一市場にとどまることはできない」と述べ、単一市場からの撤退を明言しました。英国内では、移民規制を優先し、単一市場へのアクセスは犠牲にしてもよいとする、いわゆる「ハード・ブレグジット」派と、単一市場へのアクセス維持を最優先に掲げる「ソフト・ブレグジット」派との間で意見が対立していました。

 今回の決定において、英国は単一市場へのアクセスは断念したわけですから、形としてはハード・ブレグジットということになります。ただしメイ氏は、EUとのあらたな自由貿易協定の締結を目指すとも発言しており、今のところ市場では極端なハード・ブレグジットにはならないとの見方が大勢を占めています。ただ、こうした新しい協定がどこまで英国に有利な形で締結できるのかは今のところ不透明です。

世界経済のブロック化が進むのか?

 EUが、安易に英国に妥協してしまうと、同じような形でEUとの関係を再構築するという、いわゆる離脱ドミノが発生する可能性が出てきます。これを防ぐためには、EUとしての建前を強調せざるを得ませんから、交渉は長引く可能性があるでしょう。EUとの交渉が難航するような事態となった場合には、英国から欧州大陸に企業が移転するといった動きが出てくるかもしれません。

 こうした短期的な動きとは別に、もう少し長期的に見ると、今回の英国の決定は、世界経済のブロック化を進めるきっかけになるとの見方もあります。米国ではトランプ新大統領が保護主義的な経済政策を打ち出しており、米国は以前ほどオープンな市場ではなくなりつつあります。そうなってくると、各国は独自の経済圏を構築する動きを強めていく可能性があるわけです。

 英国は英連邦(かつての大英帝国を中心とした緩い国家連合)の国々を中心に、貿易協定を強化していくことになるかもしれません。EUは欧州大陸の国家として結束を強め、中国は東南アジアへの影響力を強めていくというシナリオが考えられます。これまで米国と中国との貿易に依存してきた日本にとって、経済のブロック化はあまり望ましい方向性ではありません。もし世界経済のブロック化が進んだ場合には、日本にとって厳しい時代となるでしょう。

(The Capital Tribune Japan)

最終更新:1/25(水) 6:18
THE PAGE