ここから本文です

400馬力!?スズキ ジムニーのモンスターマシンが爆走仕様でカッコイイ!

1/19(木) 11:21配信

オートックワン

日産 シルビア(S15)のパーツを使用

チューニングパーツの販売を手がける、和歌山県のチューニングショップ「キノクニエンタープライズ」は、昨年に引き続き東京オートサロン2017に「Yellow Bullet 2(Kinokuni Jimny 2017 Spec)」を出展した。

400馬力のモンスタージムニーの写真を見る

スズキ ジムニー(JB23)をベースとした同車だが、エンジンはなんと日産製のSR20型に換装され、最高出力は約400psを発生するというモンスターマシンだ。

トランスミッションやリアのサスペンションもシルビア(S15型)用に。

ベタベタに落とされた車高には太いタイヤが組み合わされ、RVであるジムニーなのにオンロードで驚くほど速いという「ギャップがすごい仕様」だ。

車重もわずか750kgしかないというから、その速さが容易に想像出来る。

今年の出展にあたって、2017スペックとして各部を改良。

ボディ前後にはパイクスピーク・ヒルクライムで活躍したスズキ エスクードV6のような大きなエアダムと巨大なリアスポイラーが、そしてサイドにもオーバーフェンダーが装着されて一気に迫力を増している。

「Kinokuni Jimny 2017 Spec」はキノクニの取り扱うパーツを取り付けているほか、立案・設計をSTACKED(スタクト)、フレームワーク・溶接・機関系をSPAN、ボディメイクをQUARTT FABRICATION、ボディラッピングをSKP、パーツアッセンブルをM-MAGIC GARAGE、そしてセッティングをCOURAGEが担当。中京・関西エリアで盛業中の各社が協力して作り上げている。

いわば「パーツテスト」や各社の技術力の高さを示す重要なデモカーなのだ。

来年の東京オートサロンでも、進化した「Yellow Bullet3」として登場することを期待しよう。

遠藤イヅル

最終更新:1/19(木) 11:32
オートックワン