ここから本文です

第156回直木賞受賞、恩田陸氏会見(全文)自分には縁のない賞だと思っていた

1/20(金) 11:29配信

THE PAGE

 第156回芥川賞・直木賞が19日夜、発表され、芥川賞に山下澄人氏の「しんせかい」が、直木賞に恩田陸氏の「蜜蜂と遠雷」が選出された。山下氏は4回目、恩田氏は6回目のノミネートでの受賞となった。

【中継録画】第156回芥川賞・直木賞が発表 受賞者が会見

 午後5時から東京・築地の料亭で選考会が開かれ、両受賞作が決定した。この後、午後8時10分をめどに都内のホテルで受賞記者会見が行われた。

六度目での受賞について

司会:続きまして、直木賞の恩田陸さん、よろしくお願いいたします。
 それでは恩田さん、受賞された今のお気持ちをお願いいたします。

恩田:まったく実感がなくて、本当に大ごとだったんだなと今、ここでちょっとうろたえております。

司会:それでは質疑応答に、早速ではありますが映らせていただきます。挙手をお願いいたします。

共同通信:共同通信のタムラです。おめでとうございます。

恩田:ありがとうございます。

共同通信:今回、六度目で受賞ということで、これまで5回待っていたということもあったと思うんですけれども、その道のりを今、あらためて思ってみると、どんなふうにこの直木賞の受賞のこと、思われますでしょうか。

恩田:そうですね。自分には縁のない賞だと思っていたので。候補になると、私もプロになって20年ちょっとになるんですけど、自分はどの程度のものを書いてるのかっていうのがだんだん分からなくなるので、候補にしていただくと、じゃあまだ、第一線にいるんだ、最前線にいるんだっていうのが実感できるという意味で、すごく励みにしてきたところはあったので。さすがに、今回もこれまで、各社の担当者の方と一緒に新年会を兼ねて待ってたんですけど、やっぱりだんだん緊張してきて、これでまたなんか、残念でしたってなると大変だなと思ったので、山下さんのせりふじゃないですけど、本当にほっとしました。

新年会では一報を楽しみに待つことができたのか?

日本テレビ:日本テレビのヤマザキと申します。受賞おめでとうございます。

恩田:ありがとうございます。

日本テレビ:先ほど、山下さんにもお伺いしたんですが、今回、新年会を兼ねて集まっていて、お待ちだったということですけれども、その新年会は非常に楽しみにこの一報を待つことができたんでしょうか。

恩田:いや、でも、居酒屋で飲んでたんですけど、だんだん、本当にこれは新年会なんじゃないかっていうふうな気がしてきて、まずい、ここで酔っぱらっちゃいけないと思って一生懸命、控えていたんですけど、やっぱり7時過ぎるとものすごくみんな緊張してきてしまって。だから、7時過ぎてからの時間がすごいつらかったです。

日本テレビ:お酒を控える理由がなくなりましたが、いかがでしょうか。

恩田:このあとゆっくり飲みたいと思います。

日本テレビ:ありがとうございます。

司会:眼鏡の女性の方。

1/5ページ

最終更新:1/26(木) 7:15
THE PAGE