ここから本文です

去る者から、新たな者へ。大統領執務室に残された、手書きのメッセージ

1/21(土) 16:08配信

BuzzFeed Japan

ホワイトハウスの大統領執務室。ドナルド・トランプ氏が大統領として初めて足を踏み入れるとき、そこにはバラク・オバマ前大統領からの手紙が残されている。【BuzzFeed Japan/溝呂木佐季】

【写真】死刑囚の最後の食事

大統領職を去る者から就く者へ。手書きの手紙は、伝統として渡されてきた。平和な権力移譲を象徴している。

ジョージ・W・ブッシュ大統領図書館は2通の手紙を公開した。ビル・クリントン氏からジョージ・W・ブッシュ氏へ、同氏からバラク・オバマ氏への手紙だ。このコピーをBuzzFeed Newsは入手した。

「君の成功は我が国の成功だ」

手紙にはどんな言葉が残されてきたのか。少し時代を遡ってみよう。1993年1月20日。ジョージ・H・W・ブッシュ氏から、ビル・クリントン氏への手紙だ。

ビルへ

いまこの執務室に歩を進めるとき、私は4年前に感じたのと同じ躍動感と尊敬の気持ちを感じる。君もそうだと思う。

ここでの君の大いなる幸福を祈る。これまでの数人の大統領が述べたような孤独を、私は感じることはなかった。

困難なときもあろう。フェアだとは思えないような批判によって、困難は増すかもしれない。私は助言するのに適した人物ではないが、批判する者たちによって打ちひしがれたり、進む道を外れたりしないでほしい。

君がこの手紙を読むとき、君は私たちの大統領になるのだ。無事を祈る。家族の無事を祈る。

君の成功は我が国の成功だ。君を大いに応援している。

幸運を
ジョージより

「正しいと信じることを進める純粋な喜び」

そして、2001年1月20日。今回公表されたビル・クリントン氏から、ジョージ・W・ブッシュ氏への手紙。

ジョージへ

今日、君は最も偉大な事業に取り掛かる。アメリカ国民として最大の名誉とともに。
深淵かつ大半が前向きな変革の時代、そして、政府の役割だけではなく、国家の性質そのものをめぐる昔からの論点に新しい答えが必要されている時代。そんな時代に国を率いる特別な幸運に、君は恵まれている。私と同じように。

君が率いるのは、誇りを持ち、寛大で、親切な人々だ。今日から君は私たち皆の大統領となる。敬意を表し、成功と多幸を祈る。

君が今背負う重荷は大きいが、ときに誇張されてきた。正しいと信じることを進める純粋な喜びは、言葉では表現できない。

君と家族のために祈っている。幸運を。

心を込めて
ビル

1/2ページ

最終更新:1/21(土) 16:08
BuzzFeed Japan

Yahoo!ニュースからのお知らせ