ここから本文です

東武鉄道、SL「大樹(たいじゅ)」の営業開始日を決定、今年は下今市/鬼怒川温泉駅を35分で運行

トラベルボイス 1/21(土) 13:00配信

東武鉄道は東武鬼怒川線で運行を復活させるSL「大樹」の営業開始日を、2017年8月10日決定した。2017年度は下今市駅/鬼怒川温泉駅間で、1日3往復を予定。土休日を中心に約100日の運転を予定する。運行距離は12.4キロ、所要時間は片道約35分。

復活するSLは、JR北海道やJR四国など、全国の鉄道会社からかつてSL運転で使われていた時代の車両を借受・譲受して運転するもの。SL、車掌車、DL、客車3両をあわせた6両編成で、客車の座席定員数は約200席を予定する。料金、運転日、運航ダイヤは決定次第発表。浅草駅やとうきょうスカイツリー駅から運転する新型特急「リバティ」などとの接続を検討している。

さらにSL復活にあわせ、発着拠点の下今市駅はSLの時代をイメージした昭和レトロ感のある駅舎に全面改修。構内にはSLを間近に見学できるエリアを整備するほか、SLの日常点検などを行なう下今市SL機関庫を新設するなど、鉄道乗車のみならず、降車して楽しめる観光要素を盛り込む。2017年3月ごろにSL機関庫の完成、5月ごろに試運転、7月ごろに駅舎の改修完成を予定している。

トラベルボイス編集部

最終更新:1/21(土) 13:00

トラベルボイス