ここから本文です

税金が100万円以上も戻ってくる iDeCoで“じぶん年金”づくり

1/26(木) 11:50配信

THE PAGE

 最近はiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)がとても話題になっていますが、このiDeCo、いったいどこが良いのでしょうか? よく言われるのは税制優遇のメリットがあるということです。それは確かにその通りですが、税制優遇で最も大きいメリットと言われるのが「所得控除」ですが、どうもこの説明を聞いてももう一つピンとこないという人が多いのではないでしょうか。特にサラリーマンの場合、“所得控除”と言われてもあまり聞き慣れない言葉ですから、その良さが実感できないというのはよくわかります。でも税金の面を考えるとやはり間違いなくおトクなのです。このあたりは実際の金額がわからないと実感できないですから、少し実例を挙げてみましょう。

 実はその良さが実感できるサイトがあるのです。「iDeCoナビ」という名前のサイトです。これは特定非営利活動法人の「確定拠出年金教育協会」というところが運営しているサイトですが、どれぐらい税金がお得なのかを簡単に計算できる画面がここにあるのです。

 実際にその画面を使ってみましょう。このサイトで「税控除を確認してみよう」というところをクリックすると、自分の年収と年齢と掛金を設定する画面が出てきます。ここに自分の条件を入力すると税金がどれくらいお得になるかがわかるのです。

 例えば、年収が500万円で年齢が30歳、毎月の掛金を2万3000円(これがサラリーマンの上限です)とし、これを60歳まで掛け続けると、毎年の少なくなる税金分の合計は、何と124万2000円にもなります。毎年に換算すると4万円ちょっとの金額がお得になるというわけです。

 もちろんこれは正確な計算ではありません。本来なら計算するのは年収ではなくて、そこから諸々の所得控除を差し引いた課税所得で計算しないと正確な金額は出ないからです。しかしながらまあまあ、おおよその金額はこれでもイメージできます。年末調整でいくらか戻ってくればうれしいですね。iDeCoではこのように自分が出したお金が全額所得控除されることによって、毎年税金が戻ってくるということになるのです。

1/2ページ

最終更新:2/1(水) 15:16
THE PAGE