ここから本文です

「都民ファーストの会」が地域政党に 音喜多都議ら4人が一次公認

1/23(月) 19:50配信

THE PAGE

 東京都議会会派「かがやけTokyo」の都議3人が23日、「都民ファーストの会東京都議団」への会派名変更を届け出た。同日会見した音喜多駿(おときた・しゅん)都議は「都民ファーストの会」が地域政党になり、今夏の都議選に向けて、3都議ら4人が一次公認されたことを発表した。

【中継録画】都議会に「都民ファーストの会」 音喜多氏ら会見

 一次公認されたのは、音喜多都議(北区)と、両角穣(もろずみ・みのる)都議(八王子市)、上田令子都議(江戸川区)の3都議と、本橋弘隆豊島区議の4人。本橋氏は昨夏の都知事選で小池百合子知事を支援し、自民党都連から除名された7人の区議の一人。順次追加公認も行っていく。

 音喜多都議は「小池知事の掲げる『東京大改革』を実現するために、都議選で改革勢力での過半数を目指す」と語った。

 小池知事の政治塾を運営する「都民ファーストの会」は地域政党として活動を始める。結党宣言や党綱領などは「まだ策定中」。国政政党化の話は現段階では出ておらず、足元の東京を固めるために区議選や首長選挙も見据えて体制作りたい考えを示した。

 小池知事については予算策定などの都政課題に集中するため、現段階では都民ファーストの会の役職に就いていないが、「今後についてはあらゆる可能性を排除しない。要望が大きくなってくれば選択肢も出てくる」とした。

新会派も設立

 一次公認を受けて、都議会では3都議で新会派「都民ファーストの会東京都議団」を設立。幹事長には音喜多都議が就いた。基本的な政策としては、(1)徹底した情報公開、(2)都議会議員待遇の見直し、(3)大胆な政策・予算の組み換え提案などを挙げた。

最終更新:1/30(月) 15:16
THE PAGE

Yahoo!ニュースからのお知らせ