ここから本文です

小栗旬モノマネ芸人、ブレイクに「よろしくお願いしまーーーーーーーーきの」

1/24(火) 17:00配信

BuzzFeed Japan

小栗旬さんのモノマネ「まーきの」で一躍有名になった芸人、おばたのお兄さん(@hinode_obt)。

【写真】福原愛のウェディングドレス姿が天使すぎる!

ネットからブレイクした彼のいまの心境とは?【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

おばたのお兄さんは、よしもと所属のピン芸人。2016年1月にコンビ「ひので」を解散して以降、「おばたのお兄さん」の芸名で活動しています。

ブレイクのきっかけになったのは、1月6日に放送された「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」(フジレテレビ系列)。

番組内で小栗旬さんのモノマネでピコ太郎の「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」を披露。

たちまち話題になり、ネット上では若者を中心にマネをした「まーきの動画」がアップされました。

いまの心境は…?

BuzzFeed Newsはおばたのお兄さんに、現在の心境を聞きました。

きっかけになった「モノマネ紅白歌合戦」放送後について話します。

「正直、収録のときに『ん!? なんだこのウケ方は』という好感触があって、今田耕司さんと東野幸治さんにもイジってもらったので、これは放送が楽しみだなぁ~なんて思ってたんです。Twitterのフォロワーも1000人とか増えるんじゃないの!? と」

「もともと8000人だったから少しでも増えてくれればなぁなんて。それで放送が終わってすぐ1500人くらいフォロワーが増えて、ふむふむなんて思いながら寝て起きたら10,000人くらい増えてて。なんでだ!?って思ったら僕のネタの部分だけ切り取られてSNSでその動画が回りまくってたんですよ」

「あと、俳優の野村周平さんがTwitterで僕のことをツイートしてくれたり、NMBの方々が真似して動画をアップしてくれたり。そこで僕は、新しいネタを出したらみんな見てくれんじゃないかなって思って、3日間で2つの別バージョンの『小栗旬PPAP』の動画をSNSにあげたんです」

「そしたらそれがニュースになり拡散され、いろんな芸能人の方が真似してくれて1週間でTwitterのフォロワーが60,000人増えたんです。サッカーの槙野選手も直接連絡をくれてご飯行くことになってコラボ動画を撮ったり、テレビの地上波の仕事が入ってきたり、月9の出演が決まったりして」

「いかに今がSNS中心の世の中なんだってことを感じました。街で声もかけられるようになったんですけど、大半が『あ!まーきの!ですよね!?』とか『あ!小栗旬ですよね!?』なんですよ。どっちも間違ってないけど、間違ってるんですよ!早く『おばたのお兄さんですよね!?』って言われるようになりたいです」

1/2ページ

最終更新:1/24(火) 21:56
BuzzFeed Japan