ここから本文です

ワンオクTaka、日本人ファンのマナーに苦言「限度ってものがある」

シネマトゥデイ 1/25(水) 19:01配信

 人気ロックバンド ONE OK ROCK のボーカル・Takaが25日、日本のファンのマナーに対し、自身のInstagramで苦言を呈した。

【写真】Taka、父・森進一とツーショット

 今月15日から24日まで最新アルバム「Ambitions」を引っ提げ、北米ツアーを行っていた ONE OK ROCK。Takaは「このままいったらちょっと我慢の限界を迎えそうだから書かせてね。最近、日本のファンに対して、、ちょっとどう接していいかわからなくなってきちゃった」と前置きすると、「朝疲れた状態でバスから降りればそこには日本人が携帯片手にまるでポケモンみつけたみたいに動画やら写真やらパシャパシャ撮られて みんな毎日ちょっとシンドイ思いしてます」と吐露。加えて「御飯もゆっくり食べれない。外の空気もろくに吸えない。ライブがはじまれば最前列はいつも同じ景色。。。日本人同士なのにわかってくれないのかなって、、、、」と嘆いた。

 さらに「そりゃ、、気持ちはね、、、わかるよ! 楽しいだろうし。近くでみれて嬉しいだろうし」と理解を示しつつも、「でもね。俺らも人間だからさ、、、限度ってものがあると思うんだよね。なんのために海外で毎日頑張ってるのかわからなくなっちゃうし、ルールなんか作りたくないからもう少し考えてほしい。。。僕らが海外でライブをする意味を! 普段会えないから会いに行く場所ではないから!」と海外公演において日本のファンが最前列を占領することに思うところがあった様子。最後は「まぁ色々これみて思うことあるかもだけど、僕らはこんな文章を書きたくなるくらい今正直凹んでます」と結んでいる。

 来月18日からはジャパンツアーがスタートする ONE OK ROCK。3月25日・26日のさいたまスーパーアリーナ公演にはアメリカの人気バンド・FALL OUT BOY がゲストとして出演することが発表されている。(編集部・中山雄一朗)

最終更新:1/26(木) 10:14

シネマトゥデイ

Yahoo!ニュースからのお知らせ