ここから本文です

韓国デマサイトは広告収入が目的 運営者が語った手法「ヘイト記事は拡散する」

2017/1/27(金) 11:07配信

BuzzFeed Japan

「釣れた」人たちとは

記事はTwitterで2500件以上シェアされ、Facebookでは1万6千以上のリアクションやコメント、シェアを獲得している。

男性の狙い通りだ。

「Twitterで爆発した記事は、1日後にFacebookでシェアされます。その後はFacebookが逆転するようになる。自発的にユーザーがシェアを始めるということです」

「Yahoo!リアルタイム」を使って拡散の状況を確認した。病院の院長や、企業の社長、そうした「社会的ステータスの高い方たちが釣れた」という。

「釣られても仕方ないですよね。FacebookやTwitterが身近になった以上、シェアすることは、隣の席の人に『こんな話題があったんだ』というのと変わらない。そのときに、『ソースは正しいの?』と聞くことはないですよね。そういう軽い気持ちで広がっていったのでは」

拡散は成功した

サイトの拡散は目論見通り成功した。管理画面を見せてもらったところ、最初の「大韓民国現地ニュース」では11月26日~12月7日まで、計約19万6千PVを獲得している。

一方、ブログツール「WordPress」を利用した「大韓民国民間報道」では、1月17日から26日までで約17万PVだ。

記事別のPVでは、問題となった「韓国、ソウル市日本人女児強姦事件に判決 一転無罪へ」が最大の約7万2千PV。

2番目は「次期米国国務長官、慰安婦問題で韓国に貿易停止の経済制裁」の約2万3千PV。3番目は「人肉工場摘発 奇形児缶詰に高齢者ハンバーガー 韓国」の約1万4千PVだった。

「踊らされるのは個人の問題」

男性自身は、韓国について「好きも嫌いもない」。韓国に行ったこともなければ、韓国人と喋ったこともない。ハングルだって読めない。

「歴史的な知見も深くないですよ。たとえば慰安婦問題について聞かれても、コメントできません。みんな大変そうだな、というくらい」

こんな偽ニュースが流れたら、傷つく人たちがいる。嘘に踊らされて韓国に憎悪を募らせる人がいる。後ろめたい気持ちはないのか。

「怒っている人がいることは想像できますが、これが誰かの人生や、実生活に影響を及ぼすことはないんじゃないでしょうか」

「倫理的に反していること」とは認識している。「逮捕すれすれ」のことだとも。その上で、こうも言った。

「もちろん、デマを流すことは悪いことですが、デマはない世界はないですよね。いくらでもそういうニュースはある。インターネットの発達以前の問題ですよ」

「デマや噂なんてこの世にありふれている。それに踊らされるのは個人の問題ではないでしょうか。噂を流した側の責務ではない。これからもデマはでき続けるはず。収益化できるかは別ですが」

4/5ページ

最終更新:2017/1/27(金) 12:45
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事