ここから本文です

恵方巻は作られた伝統なのか 発祥は花街、「怪しげな風習」が広まった理由とは

BuzzFeed Japan 2/3(金) 6:00配信

節分にその年の恵方を向いて巻き寿司に無言でかぶりつく。そうすれば幸せになる、願い事が叶うーー。毎年恒例の行事となりつつある「恵方巻」。ただ、この風習の由来は定かではない。あたかも伝統であるかのように「装われた」ものだという。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

【写真】日本兵を癒した幻のアイドル雑誌

いったいどういう経緯で、ここまでの広がりを見せたのか。恵方巻に詳しい民俗学者に話を聞いた。

発祥は花街?

「とりあえず大阪の船場が発祥だということは確かでしょう」

そうBuzzFeed Newsの取材に語るのは、熊本大准教授の岩崎竹彦さんだ。節分の巻き寿司(恵方巻)の研究者で、「フォークロリズムからみた節分の巻きずし」などの論文がある。

フォークロリズムとは、伝統的な民間伝承が、違う文脈で使われるようになることを指す言葉だ。

「もともとは船場の旦那衆が、花街でやっていた遊びでしょうね」

岩崎さんの聞き取り調査などによると、かつては商家の旦那たちが、遊女と巻寿司を使った遊びを楽しんでいたのだという。

それが少しずつ、人々に浸透していったのだろうか。明治末期の大阪で生きた人が残している回顧録などには、「家でそういうことをしていた」という記載もあるという。

いずれせにせよ、恵方巻きの明確なルーツは不明だ。近畿地方の一部に広がっていた風習であり、「伝統行事」と言えるまでではなかったようだ。

戦前から始まった「幸運巻寿司」

こうした「怪しげな風習」(岩崎さん)に「それらしさ」を付与したのが、商業キャンペーンだった。

岩崎さんは、巻寿司に関するビラを収集している。発見した一番古いものは、1932(昭和7)年に大阪鮓(すし)商組合後援会が発行したものだった。

「幸運巻寿司」をPRするためのビラには、こんな内容が書かれている。

”この流行は古くから花柳界にもて囃されていました。それが最近一般的に宣伝して年越には必ず豆を年齢の数だけ食べるように巻寿司が食べられています。

これは節分の日に限るものでその年の恵方に向いて無言で一本の巻き寿司を丸かぶりすればその年は幸運に恵まれるということであります。

宣伝せずとも誰言うともなしにはやってきたことを考えるとやはり一概に迷信として軽々しく感化すべきではない”

いま、私たちが知っている「恵方巻」そのものだ。ここでも「花柳界」(遊郭など)に原点があるとされている。

次に古いのは、1940年(昭和15)年に同じ組合が発行しているもの。そこに書かれていることは、こうだ。

”巳の日に巳寿司と言うてお寿司を喰べるように毎年節分の日にその年の恵方に向かって巻寿司の丸かぶりをすると大変幸運に恵まれるという習わしが昔から行事の一つとなって年々盛んになっています”

「習わし」「昔からの行事」としつつ、その由来には一切触れられていない。

「花柳という言葉が消えているのは、時勢としてよろしくないとの判断があったのかもしれません」

この年は「皇紀2600年」の節目。戦時であり、国威高揚に熱心だったご時世だ。

「大変幸運に恵まれる」ことは、消費者が望んでいたものでもあった。

いずれにせよ、恵方巻と同じような風習は、戦前から寿司屋のマーケティングに活用されていたのだ。

1/2ページ

最終更新:2/3(金) 13:38

BuzzFeed Japan