ここから本文です

神木隆之介の再来か…!?「おんな城主 直虎」亀之丞役の藤本哉汰がかわいすぎ!

2/5(日) 19:10配信

dmenu映画

1月8日よりスタートしたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」は、子役パートを1カ月かけてじっくり描く異例の構成となっていますが、亀之丞役を演じる13歳の藤本哉汰(ふじもと・かなた)くんが美少年すぎる! あまりに整った容姿から、“ポスト神木隆之介”と期待されています。

三浦春馬に成長するのも納得

「おんな城主 直虎」は、戦国時代に男の名前で家督を継いだ遠江(静岡県西部)井伊家の当主・井伊直虎(柴咲コウ)の物語。最初の1カ月は、直虎が“おとわ”として過ごした少女時代を描きます。 おとわ役を演じるのは新井美羽。藤本哉汰は、おとわの遊び相手の1人、亀之丞役を演じているのですが、なんと顔のキレイな少年なのか……! 目鼻立ちがくっきりしており、子供らしいかわいさというより、13歳にして完成された容姿をしています。しかも、ただ美少年なだけではありません。謀反人の嫡男として今川の追手に命を狙われてしまうという難しい役どころを好演しました。 実はこの亀之丞、子供時代におとはと夫婦約束を結んだ、直虎のいいなづけ“井伊直親”の子供時代なんです。井伊直親役は三浦春馬が演じるのですが、いずれは三浦のルックスへと成長するのも納得という点で、藤本が亀之丞役というのはナイスキャスティングでしょう。

「家政婦のミタ」では三田の子供役

初登場から「かわいすぎる!」とTwitterの“実況”を盛り上げた藤本哉汰くんですが、子役好きの間ではとっくに知られた存在。大河で初めて藤本哉汰を知ったと思っている人も、過去の出演作を聞けば、「えっ、あれも藤本くんだったのか!」と驚きそうです。 たとえば2011年4月期放送のフジテレビ系「名前をなくした女神」では、杏演じる主人公・侑子の息子・健太役でレギュラー出演。2012年4月期放送の同局系「家族のうた」では松野陸役、2014年1月期放送の日本テレビ系「明日、ママがいない」では笹塚蓮役を演じました。2013年3月に公開された映画『ひまわりと子犬の7日間』にも冬樹役で出演しています。ちなみに日本テレビ系の大ヒットドラマ「家政婦のミタ」にも、三田の子供役で登場しました。

1/2ページ

最終更新:6/13(火) 18:49
dmenu映画