ここから本文です

ツイッターで牛角「偽キャンペーン」発信、広告会社が謝罪…ロゴを使い、名前かたる

弁護士ドットコム 2/6(月) 21:27配信

ツイッター上で焼肉チェーン「牛角」の名前をかたった、偽のキャンペーン情報が出回っていた問題で、発信元となった広告会社が2月6日夜、「『牛角』の公式キャンペーンと誤解を招くような広告」を掲載したとして、自社HPで謝罪した。牛角に関するキャンペーンの広告は同日午後4時30分までに削除したとしている。

謝罪したのは、広告メディアの企画などを行う都内の企業「ヴィヴィット」。ツイッターの有料広告などを活用し、牛角そっくりのロゴを使ったアカウントから、「牛角食べ放題キャンペーン実施中」などといった投稿をしていた。

ヴィヴィットは、URLをクリックしたユーザーを、同社が運営するポイントサイト「キラキラウォーカー」のキャンペーンに誘導。その内容は、牛角の食事券(2万円か5万円分)が当たるなどとするものだった。また、食事券を受け取るために必要として、ユーザーに指定のメールアドレスに空メールを送るよう指示していた。

同社は、「以後このようなことのないよう管理体制を強化し内容チェックを徹底してまいります」と謝罪。具体的な方法については後日発表するとしている。

この件では、牛角を運営するレインズインターナショナルがHPやツイッター上で、注意を喚起し、ネットで話題になっていた。

弁護士ドットコムニュース編集部

最終更新:2/6(月) 21:51

弁護士ドットコム