ここから本文です

カメルーンが8大会ぶり5度目のアフリカ王者に! コンフェデ杯ではドイツらと対戦

ゲキサカ 2/6(月) 14:08配信

 アフリカネーションズ杯は5日、決勝戦を行い、カメルーン代表がエジプト代表に2-1で勝利し、8大会ぶり5度目の優勝を飾った。これにより、カメルーンは今夏ロシアで行われるコンフェデレーションズ杯の出場も決まった。

 試合は前半22分にエジプトが均衡破った。MFモハメド・サラーのパスをPA右で受けたMFモハメド・エルネニーが豪快に右足でニアを抜き、先制に成功した。だが、カメルーンも後半14分に同点に追いつく。左サイドからFWベンジャミン・ムカンジョが上げたクロスをDFニコラ・ヌクルが頭で合わせ、試合を振り出しに戻した。

 その後は一進一退の攻防が続き、このまま延長戦に突入するかと思われたが、終了間際の後半43分にカメルーンに決勝点が生まれた。自陣のロングフィードを相手の最終ラインで受けたFWバンサン・アブバカルが、華麗に相手DFをかわして右足ボレー。これがゴールに吸い込まれ、カメルーンが2-1で勝利し、アフリカ王者に輝いた。

 なお、カメルーンは、コンフェデレーションズ杯のグループリーグで、南米王者のチリ代表、アジア王者のオーストラリア代表、前回W杯王者のドイツ代表が同居するB組に入ることが決まっている。

最終更新:5/11(木) 19:01

ゲキサカ