ここから本文です

#保育園落ちた 今すぐやるべき5つのこと

2/8(水) 12:34配信

BuzzFeed Japan

認可保育園の内定が取れなかったーー。仕事に復帰できるのかと暗澹たる気持ちになります。でも実は「保活」の正念場はこの時期から。今からできることがあります。あきらめないで!【BuzzFeed Japan / 小林明子】

ダブル可愛い!遊び心満点な双子ちゃん寝相アート

今年4月の入園を希望している人たちに、認可保育園の選考結果の通知が届きはじめている。「不承諾」というのは「保育園落ちた」通知だ。今年も切実な声が相次いでいる。

子どもを保育園に預けなければ働けない!という人は今、何をすればいいのか。

1)携帯電話を充電し、常に手元に置いておく

認可保育園の結果発表後、認可外の保育施設は「滑り止め」で予約していた認可の内定者から続々と辞退の連絡が入る。キャンセル待ちの順位が繰り上がり、認可外の園から「空きましたがどうしますか?」と連絡が入る可能性がある。

電話がつながらなければ次の人に回すという園や、順位の問い合わせはお断りという園もあるので、常に電話を受けられるようにしておく。

2)2次募集の情報を集める

1次募集で定員が埋まらなかったり内定辞退が出たりした認可保育園は、自治体が2次募集をかける。入園申し込み資料や自治体のホームページを読み込み、2次募集をしている園の情報を集める。

自治体に問い合わせると、比較的、入りやすい園を教えてもらえることもある。

3)保育ママ、保育室など小規模な施設を探す

0~2歳児を家庭のような環境で預かる認可外施設(認可のものもある)。自治体の認定を受けており、ホームページに情報が載っていて探しやすい。定員が少ないため、空きが出てもすぐ埋まるのでこまめにチェックするのがよい。

3歳児からは別の施設に転園する必要があるので、もう一度「保活」をしなければならない点には注意が必要。

4)職場の制度を確認する

育児・介護休業法では、保育園に預けることを希望していて入園できない場合、最長で1歳6カ月まで育休を延長できる。それよりも長期間の育休を認めている企業もあるので、職場の上司と人事担当者には状況報告を。

また、2016年4月に企業主導型保育という新たな事業が始まった。複数の企業が共同利用する事業所内保育所で、勤めている企業が従業員枠を確保していれば、まだ埋まっていない可能性もある。

認可、認可外ともに、5月頃に「利用調整」として定員を弾力化する場合がある。つまり、4月時点で待機児童になったとしても、5月に入園できる可能性がわずかだがある。

当座をしのぐ手段としてベビーシッターを利用する場合、勤務先に利用料の割引券制度があると負担が軽くなる。

逆に、実際の職場復帰を少しでも遅らせたい場合は、取得できる有給休暇が何日分あるか、育休と連続して利用できるかどうかを勤務先に確認する。

1/2ページ

最終更新:2/8(水) 12:34
BuzzFeed Japan