ここから本文です

冷凍卵で食中毒のおそれ? Twitterで物議

2/8(水) 19:48配信

BuzzFeed Japan

生卵を冷凍庫にいれて凍らせたものを自然解凍すると、黄身がもちもち濃厚になると人気の「冷凍卵」。手軽さと味の変化があいまって、インターネットを中心に数年前から人気のレシピだ。そんな中、「冷凍卵には食中毒の危険があるのではないか?」とTwitterを中心に物議をかもした。【BuzzFeed Japan / 嘉島唯】

問題となったのは料理動画サイトに掲載された「冷凍卵でもちもち濃厚!“たまごかけおにぎらず“の作り方」だ。お弁当に冷凍卵を使うというレシピだが、Twitterユーザーの@Miiru_K さんの「食中毒になりたくない人、作らないでください。超危ない」という指摘が話題になった。

@Miiru_K さんは調理師だ。「栄養士ほど深く栄養学を学んでいるわけではない」としながらも、「素人目にもこれは危険だ」と判断して呟いたのだという。

その後、このようなTweetを補足した。
------------------------------
実は厨房でも、卵じゃなくても、鶏肉そのものが大変気を使う食材です。
鶏肉だけは、他の肉食材(牛・豚)とは同じコンテナで解凍できないんです。理由は同じサルモネラ菌。回答したときに出る汁が付着すると危険だからね。
------------------------------

一般社団法人日本卵業協会のホームページには「細菌が繁殖しやすいため、家庭での冷凍は勧めない」と書かれている。

------------------------------
殻付卵の冷凍はお勧めできません。殻付卵を割り溶きほぐして冷凍は可能ですが、卵は細菌が繁殖し易いため、家庭での冷凍はあまりお勧めできません。
------------------------------

冷凍でも、冷蔵でも菌は増える

東京都福祉保健局の澁谷智晃氏によると、店頭に並ぶ卵は生でも食べられるように管理されたもので基本的には安全だという。わずかにサルモネラ菌が入った鶏卵もあるが、「多くの場合は人間の抵抗力で抑えられ、食中毒に至らないケースがほとんど」だと語る。

しかしそれは”通常の食べ方”であって、冷凍する食べ方は想定されていない。

殻の中に入っている場合、菌の増殖を防ぐ働きがあるそうだ。しかし、殻が割れ、少しでも空気に触れてしまうと菌が増えていく。

「冷凍でも菌は眠っているだけで死にません。殻を割り、常温で解凍しているうちに増えてしまうことも考えられます」

基本的に、殻を割った卵は「すぐに食べる」or「ちゃんと熱する」ことが大事

サルモネラ菌は、熱に弱いためきちんと温めれば人体に影響をもたらすことはない。

どうしても生で食べたい場合(すき焼きやたまごかけご飯)は、「食べる直前に殻を割るようにしましょう」とのこと。

東京都の保健福祉局のホームページでも「十分に加熱しない卵料理は、調理が始まってから2時間以内に食べましょう」と記載がある。過去には半熟のオムライスで食中毒が発生したケースもあるという。

サルモネラ菌の食中毒が流行したのは、今から25年ほど前。最近では耳にしなくなったものの、覚えておいた方がよさそうだ。

最終更新:2/8(水) 19:48
BuzzFeed Japan