ここから本文です

楽天・梨田監督にオコエ激怒事件の真相を直撃!

2/10(金) 6:35配信

THE PAGE

 楽天のオコエ瑠偉外野手(19)が9日、都内の病院で損傷していた右手薬指付け根関節の靱帯縫合手術を行った。競技復帰まで、3、4か月が必要という見通し。オコエはキャンプイン直前に胃腸炎を起こし、2月1日には、あまりにその動きが悪かったため、温厚な梨田監督が激怒。あげくのはてには、翌日に右手薬指痛を訴え、都内に移動して精密検査を受けた結果、手術が決定した。3日からは2軍落ちとなったが、怒った指揮官の真意を知りたくて、寒気団が襲って気温がグンと下がった久米島キャンプを訪れた。

――温厚な梨田監督が怒ったなんて初めて聞きました。オコエを叱ったのは本気でしたか?

「もちろん。オフにトレーニングをして、体を大きくしたそうだが、それにしてもでぶっとして、まったく動けていないんだから。オフの間に何もやってきていないのがわかった。昨年から手が痛いことを自分自身でわかっていたはずなのに、ナイジェリアに行ったり、ハワイに行ったり……遊んでいる時間があれば、ちゃんと治療しておかないと。あまりにプロとしての自覚に欠けている。自己管理ができていないというか、野球をなめている」

――去年、我慢しながら使った若手の成長が今年は楽しみ。その一人がオコエだったのでは?

「確かに野手で言えば、茂木、島内らの若手が、昨年の経験をどう上積みしてくるかは、楽しみにしているが、オコエに関しては、プラスアルファで戦力として出てくればいいなあというくらいにしか考えていなかった。ハナから信用はしていなかった(笑)」

――もうオコエの話題を出すことを嫌っているとも伝え聞きました。

「ここ(1軍)にいない選手の話題が先行してもね。もう2軍で手術をして出直すという時点で、オコエの話題はいいですよ。もっとマスコミの皆さんに取り上げてほしい選手がたくさんいるのに、いつまでもオコエ、オコエじゃねえ。士気にもかかわる。監督としても、そのあたりはお願いしたい点」

――すみません。その話題をぶり返してしまって。でも、今回のお灸でオコエも変わってくれれば? 大きく勘違いしないうちに知って良かったのでは?

「そうなんだけどね。本人がどこまで真剣に自覚するか。もともと自由奔放というか、そういう性格だから、本質はなかなか変わらないかもしれないけどね(笑)。手術をして復帰まで時間がかかるらしいので、2軍で結果を出して這い上がってくるしかない」

 梨田監督は、内心、忸怩たる思いで、オコエを突き放した。

1/2ページ

最終更新:2/16(木) 19:15
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/20(月) 5:35