ここから本文です

ウン十年前のゲームをいままさに遊ぶ愉悦! レトロゲームエリアリポート【闘会議2017】

ファミ通.com 2/12(日) 8:01配信

文・取材・撮影:ライター 戸塚伎一

■老若男女が楽しめる、温故知新な空間
 2017年2月11日~12日、千葉・幕張メッセにて開催されている、ゲームファンとゲーム大会の祭典"闘会議2017"。今回は、国内の“ビデオゲーム前史”の魅力が詰まったレトロゲームエリア(ホール7)の内容をお届けする。会場で役に立つ攻略情報も!??

 日本のゲーム史に残る懐かしの家庭用ゲーム機、ソフト、アーケード筐体が集結した、レトロゲームエリア。闘会議ですっかりおなじみとなった、巨大コントローラーによるレトロゲーム体験をはじめ、来場者が実際に遊べる展示物が多数ということで、往時を懐かしむ大人だけではなく、自由に遊んでいいゲームに目がない子どもたちをも魅了していた。

■アーケードゲーム試遊・ゾーン──気分は駄菓子屋ゲーセン!?
 往年の筐体で人気のレトロアーゲードゲームをフリープレイできるゾーン。制限時間ありの1プレイ交代制ながら、“1回1回お金を払わないとできない本物のゲーセンのゲームが遊び放題”という、昭和のゲーム大好き小学生(=いまはかなりいい大人)の夢が具現化された空間だった。

■TVゲーム試遊ゾーン──ブラウン管テレビが涙で滲んで見えません
 ファミコン、メガドライブ、初代プレイステーション……といった1980~1990年代の家庭用ゲーム機、およびその代表タイトルの魅力を、プレイヤーとして味わえるゾーン。現行ハードで遊べるタイトルもいくつか展示されていたが、当時の実機のコントローラーを握って、独特の彩度が心地よいブラウン管テレビの映像でプレイすると、また違った体験として印象に残るはずだ。

■巨大コントローラー──懐かしさともどかしさを存分に味わえる!!
 ファミリーコンピュータの標準コントローラー(Iコン)を忠実かつドでかいサイズで再現したコントローラーによる、レトロゲームの体験コーナー。前回の闘会議に引き続いての設置となったが、今回はさらに、スーパーファミコンの標準コントローラーバージョンも登場……という斜め上の展開に。日常生活ではまずありえないシチュエーションでのプレイに、昔よく遊んだ人も、今回初めて遊ぶ人も、おおいに苦しめられた。なお、ここで遊べるゲームは、3つの時間帯によって、それぞれ規定のタイトルが用意されている。

最終更新:2/12(日) 9:31

ファミ通.com

Yahoo!ニュースからのお知らせ