ここから本文です

【グラミー賞】受賞アーティスト2人がズボンを脱ぎ、下着姿でスピーチ。その理由とは

2/13(月) 14:51配信

BuzzFeed Japan

「ストレスド・アウト」で最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞を受賞したトゥエンティ・ワン・パイロッツ。スピーチのためステージに向かった二人は、いきなりズボンを脱ぎ始め、なんと下着姿でスピーチ。しかし、決してふざけてる訳ではなく、深い理由があった。【Sheridan Watson、村上愛衣 / BuzzFeed Japan】

壇上に立ったボーカルのタイラーは、マイクの前で下着姿になった経緯を語った。数年前、タイラーとドラム担当のジョシュは友人たちと一緒にグラミー賞をテレビを観ていた。その時、自分たちが下着姿であることに気づいたジョシュは、「もしグラミーに出席することがあって、受賞するなんてことがあったら、今みたいな格好で受賞するべきだよ」と言ったという。

「ここに立てるのは最高だよ。でもそれ以上に、家で観ているみんなに、自分もここに来れるかもしれないってことを伝えたい。だから自分を信じて。どんなことだって、成し遂げられる可能性があるんだ。ほら、僕たちが受賞できたのがその証拠だ」とタイラーはスピーチで語った。

おもむろにズボンを脱ぎ、会場にいる人たちを驚かせた二人だったが、実は夢が詰まった話だったのだ。

最終更新:2/13(月) 14:51
BuzzFeed Japan