ここから本文です

社員をスパイ呼ばわり 青林堂の社員がパワハラ訴え暴言音声を公開

2/13(月) 17:01配信

BuzzFeed Japan

都内の出版社青林堂の社員・中村基秀さん(48歳)と労働組合の東京管理職ユニオンが2月13日、同社と蟹江幹彦社長らを相手に、パワハラでうつ病になった損害など約2400万円を求める訴訟を東京地裁に起こした。原告は記者会見し、社長夫妻らとのなまなましいやり取りを公開し、被害を訴えた。【BuzzFeed Japan / 渡辺一樹】

【音声はこちら】

中村さんや組合側が厚生労働省で開いた記者会見では、中村さんが社長・専務らから罵倒される、生々しいやり取りが公開された。

専務「じゃあじゃあじゃあちゃんと命令に従ってやってよ」
中村「従ってます」
専務「じゃあ出してよ。自費出版の企画。わたし言ったじゃん」
中村「何もできないじゃないですか、いま」
社長「お前がバカだからできないんだよ!」
専務「そうだよ」
中村「バカだからできないんですか」
専務「そうだよ。能力が足りないからじゃない」
社長「みんなできることじゃないか、こんなことは!」

中村さんはこのとき、インターネットも使えない、名刺もない、外出も許されない状況で、「自費出版の営業」を命じられていた。机には電話がなく、かけることも許されていなかったという。中村さんによると、自費出版は著者が書きたい内容を本にするもの。「著者との連絡をしないで、企画をするのは不可能なんですよ」と、中村さんは言う。

このような録音は、300時間にも及ぶ。中村さんはそのうち36時間分を文字起こしし、そのやりとりの一部を裁判の証拠として提出した。さらにその中から、一部を抜粋する。

公安発言。
社長「うちは、公安ともいろいろとつきあいあるからね」
中村「ああ。なんか、そうですね」
社長「うん。君の名前も、当然公安には知らせているし」

テープ起こしの業務報告を求められた際の発言。
専務「業務の報告するときは、アルバイトさんの手伝いって書いといて」

「嫌い」発言
専務「中村君さ、自分は社長に好かれてると思う?」
社長「俺は嫌ってるから」

スパイ発言。
社長「こんなふうにうちを混乱させて、うちの内部を全部(聞き取れず)して、周囲に知らせて、うちのスパイじゃん」
専務「スパイだよね。スパイって楽しかった?」
中村「なんすか、それ」
専務「スパイごっこ楽しかった? 楽しそうだったよね?」

突然のスト認定
専務「今日の業務命令に、あなたは今拒否をしてますから、サボタージュとみなして、スト決行」
中村「すいません。僕はストを宣言していませんし」

1/3ページ

最終更新:2/14(火) 18:01
BuzzFeed Japan