ここから本文です

星野源、アニメ『けものフレンズ』OPを絶賛「1日60回聞いている」

2/14(火) 15:03配信

トレンドニュース(GYAO)

ミュージシャンで俳優の星野源が、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」で、アニメ『けものフレンズ』のオープニングテーマ「ようこそジャパリパークへ」を「1日60回聞いている」と絶賛した。

けものフレンズ 第1話「さばんなちほー」無料配信中>>

星野は大のアニメ好きで、過去にもラジオ番組などでお気に入りのアニメソングを紹介している。そんな星野が今ハマっている作品が、放送中の『けものフレンズ』らしい。星野は2月13日深夜放送の「星野源のオールナイトニッポン」で、オープニングテーマ「ようこそジャパリパークへ」を紹介。「ずっと聞いています。仕事以外でずっと聞いている。たぶん1日6、70回くらいは聞いています」と明かし、「最近いわゆるアニソンというものに『うおっ!』となることは、なかなかなかったんですけど、久しぶりにいい曲だなと思った」と大絶賛した。

『けものフレンズ』は、動物たちがヒトの姿をした“アニマルガール“として暮らす“ジャパリパーク“を舞台とした物語で、幼児向けアニメのようなほのぼのとした世界観が魅力。「わーい!」「すごーい!」「たのしー!」といった劇中のセリフもTwitterを中心に流行している。

オープニングテーマ「ようこそジャパリパークへ」は、劇中から飛び出したユニット、どうぶつビスケッツとPPP(ペパプ)による楽曲。星野の絶賛を受けて、作詞・作曲・編曲を担当した音楽クリエイターの大石昌良氏は、「オールナイトニッポンも星野源さんも大好きなので、そんな場所で自分の作った曲がかかるなんて本当に嬉しいです!」とTwitterで感謝。また、ちょうどiTunesの国内総合ランキングにおいて星野のヒット曲「恋」と「ようこそジャパリパークへ」が3位、4位と並んでランクインしており、大石氏は「並んでるー!たーのしー!」と喜んだ。

(文/原田美紗@HEW)