ここから本文です

手作りで圧巻 全国一にもなった名古屋単館シネマ支配人のこだわり装飾ワザ

2017/2/16(木) 10:30配信

THE PAGE

単館シネマに来る人をもっと増やしたい

 「名古屋は、東京や大阪と比べて単館シネマで映画を観る人が少ないと言われています。ですので、もっと単館シネマを訪れる人が増えるようにしたいですね」と稲垣さんは言う。単館シネマは宣伝費も少なく、公開作品がテレビCMとして放送されることもない。だからこそ、劇場での宣伝が重要性を増してくるのだ。

 「劇場の装飾で強く推している作品を観てもらって、結果、面白ければ、劇場の信頼度にもつながるかと。満足していただいて、今まで観たことがないけれど、劇場が推薦している作品だから観てみようかなと思ってもらえたらうれしいですね」。

 現在、館内装飾に自信を与えてくれたGAGAとのタイアップキャンペーンを実施中。連続で公開する4つのGAGA作品のうち3作品を観ると、非売品グッズがもらえる鑑賞ラリーだ。同館で公開された前作『セッション』が好評、26日に授賞式がある米国アカデミー賞で本命視されているデイミアン・チャゼル監督の『ラ・ラ・ランド』も入っており、同映画は24日から公開。ぜひ、この機会に訪れて、隅々までこだわりのある館内装飾を見て、違った視点から映画の魅力を味わうのもいいのではないだろうか。

(編集プロダクション エディマート)

2/2ページ

最終更新:10/3(水) 12:07
THE PAGE