ここから本文です

増田明美氏 “細かすぎる解説”買われて朝ドラ語りに起用 声質も心地良く

デイリースポーツ 2/15(水) 16:20配信

 NHKは15日、4月3日スタートの次期朝ドラ「ひよっこ」(有村架純主演)の語りを、元マラソン五輪代表で解説者の増田明美氏(53)が担当することを発表し、担当者が起用理由を語った。

 一つはテレビのマラソン中継などでもおなじみの増田氏の声質が「聞き取りやすくてきれい」であること。朝に半年間流すことに向いているといい、滑らかな語り口調も印象的とした。担当者は「ドラマ以外の番組でもナレーションを担当されていますけども、非常に聞き取りやすくて、心地よいのが一つです」と説明した。

 そしてもう一つが、「ひよっこ」の語り自体が、物語を進めるナレーションというよりも、細かな時代背景の解説を行う内容になっているということだという。

 「時代背景というか、ヒロインが生きていた時代を身近に感じていただくための解説みたいなことが多くて、ヒロインの人生をマラソンに例えまして解説していただきたい。なので、語りなんですが、解説みたいな、ちょっと変わったナレーションをやっていただくことになっております」

 増田氏といえば、マラソン中継では、選手が最近聞いている音楽、食生活、気になっていることなど、直接マラソン競技に関係無いことでも選手のパーソナリティーを視聴者に届けるべく、徹底的に取材して解説に織り込んでいることが知られている。担当者は「ヒロインの人生をマラソンに例えて解説していただきたい」とマラソンに物語を見立てての起用だと明かした。増田氏は物語が始まる1964年の元旦生まれということもあり、「ご自身も細かく取材されながら」(担当者)意欲的に仕事に取り組んでいるという。

 ちなみに、増田氏が自ら取材した内容が語りに採用される可能性については、「基本的には台本に書かれていることが中心です」とした。ただ、「今後、キャラクターが走ったりするシーンが出てくる予定でして、そんな時は増田さん、私たちよりも第一人者なのでフォームなどを解説していただくような語りが入る“かも”しれません」と解説者としての語り含みを持たせた。

最終更新:2/16(木) 9:34

デイリースポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ