ここから本文です

出来島が2位! 2017パラノルディックスキー世界選手権大会

2/15(水) 18:16配信

カンパラプレス

 14日、ドイツのフィンステラウで国際パラリンピック委員会(IPC)主催の2017パラノルディックスキー世界選手権大会3日目が行われ、立位女子バイアスロン(12.5キロ)で出来島桃子(新発田市役所)が2位に入った。

 出来島は、市役所でフルタイムで働きながら選手を続けている公務員アスリートだ。得意としているのはバイアスロン。平昌パラリンピックでは悲願の金メダル獲得をめざしている中、手応えを掴んだレースができた。競技後、出来島は「2番に入ることができて嬉しかった。次戦ではさらに命中率を上げていけるように頑張りたい」と話した。

 パラノルディックスキー世界選手権大会は2年ごとに開催されるパラリンピックに次ぐ大規模な国際大会。19日まで行われる。

最終更新:7/14(金) 20:17
カンパラプレス