ここから本文です

三河はさらに選手層増強、北海道は新加入バチンスキーの働きがチーム浮沈を左右

2/16(木) 20:29配信

バスケットボールキング

 アウェー新潟アルビレックスBB戦は、いずれも第1クォーターに先手を取られながら、着実な得点と堅いディフェンスで連勝したシーホース三河。特に2戦目は、10点ビハインドで迎えた第3クォーターに橋本竜馬が相手のボール運びを止めに掛かり、オフェンスを狂わせてあっという間にひっくり返した。

 また、1戦目では特別指定選手の中村太地が出場。190センチながらポイントガードも務め、19歳とは思えない落ち着いたプレーを披露した。これで選手層はさらに厚くなったと言える。

 レバンガ北海道は、サンロッカーズ渋谷戦で1勝1敗。ロースコアとなった1戦目を制し、2戦目は延長の末に敗れて惜しくも連勝を逃したが、多嶋朝飛が2戦とも2ケタ得点と、このところ得点面での貢献度が高まっているのは心強い。また、その多嶋を筆頭にチーム全体のアシスト数も多く、チームプレーの精度が上がっていると見ていい。

 その北海道は、帰化選手である青島心の契約を解除し、名古屋ダイヤモンドドルフィンズからジョーダン・バチンスキーを獲得。これまで築きあげてきたチームプレーにフィットするかどうか、大きな賭けであることは間違いなく、すべてはバチンスキーの働き次第だ。

文=吉川哲彦

BASKETBALL KING