ここから本文です

作曲家・船村徹さん死去 心不全で84歳

東スポWeb 2/17(金) 15:11配信

「別れの一本杉」や「王将」「矢切の渡し」などの数々のヒット曲を手がけた作曲家の船村徹さんが16日、心不全のため神奈川・藤沢市の病院で死去した。84歳。所属事務所が17日、発表した。

 通夜は22日午後6時、告別式は23日午前11時から、いずれも東京・文京区の護国寺で執り行われる。喪主は長男・蔦将包さん。

 船村さんは1953年に作曲家デビュー。「別れの一本杉」(春日八郎)や「王将」(村田英雄)などのヒット曲を生み出し、約5000曲を手がけた。また、北島三郎(80)や鳥羽一郎(64)ら多くの歌手を育てたことでも知られる。

 95年には紫綬褒章、03年に旭日中綬章を受章。08年に文化功労者に選ばれ、16年に作曲家としては山田耕筰氏以来2人目の文化勲章を受章した。

最終更新:2/17(金) 16:12

東スポWeb