ここから本文です

シェフチェンコがミランに復帰か!? 「今はウクライナのことに集中しているが……」

2/17(金) 23:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

現在はウクライナ監督

ウクライナの矢の愛称で知られているアンドリー・シェフチェンコ氏は2012年に母国の地でスパイクを脱いでいる。引退後も精力的に活動しており、ゴルフでオリンピックを目指すなどサッカー以外にも取り組んできた。しかしウクライナ代表のコーチに就任すると、2016年のEURO後にグループステージ敗退となったチームを再建するべくウクライナ監督に就任している。

現在は2018年に行われるワールドカップ出場に向けて力を入れている。かつてはミランでチャンピオンズリーグも制覇し、個人でもバロンドールや得点王を獲得し、ミランの栄光の一時代も築いてきた。そんな輝かしい時代をファンに見せてきた同監督がミラン復帰するかもしれないという。シェフチェンコ監督は、そんな噂話に対する心境を伊「Corriere dello Sport」に語った。

「今はウクライナに集中しているが、(ミランの監督は)将来はあるかもしれないね、確かに私の中にはいつもミランがあるよ。モンテッラ監督は素晴らしい選手だったし、いまでも素晴らしい監督だよ。彼は並外れている。組織を作り上げたし、良いゲームをしている。ミランをまた高いレベルに引き上げてくれるだろうね」

直接的な明言は避けるものの、やはりミランでの思い出が心にあるようだ。もしかしたら、近い将来再びサン・シーロで彼を見ることができるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp