ここから本文です

Microsoft Azure、KPMG共同ハブ「Blockchain Nodes」開設

2/19(日) 7:40配信

ZUU online

Microsoft AzureとKPMGが提携し、ニューヨーク、フランクフルト、シンガポールにブロックチェーン・ワークスペース「Blockchain Nodes」を開設する。

ブロックチェーン技術で顧客の事業を簡潔化し、産業リーダーとしての地位を維持に向けた革命的なソリューション提供を目指す。大手国際企業のFinTech ハブ開設が相次ぐ中、期待の大型ハブとなりそうだ。

■Azureのハイブリッド・クラウドと「BaaS」が基盤

両社の提携関係は2015年以降、データ分析、クラウド・トランスフォーメーションおよびコンプライアンス(CTC)、ビジネス・ソリューションといった分野におよんでいる。

2月8日、KPMGは自社ウェブサイト上で、新たにブロックチェーン・ワークスペースに共同着手すると発表。特に金融アプリケーションにおけるブロックチェーン技術の可能性を探索する。

Blockchain Nodesは手始めにフランクフルトとシンガポールにオープンし、将来的にニューヨークへの拡大も視野にいれている。顧客と直接ブロックチェーン研究・開発に取りこむ場として、その役割が果たす重要性に期待が寄せられている。

ヘルスケアや公的機関向けのビジネスモデルなどに、ブロックチェーン技術を活かせる可能性が一例に、幅広い産業にプロトタイプ・ソリューション開発を広げていくことが目標だ。

KPMGのデジタル・レジャー・サービシズの国際および米部門責任者、イーモン・マグワイア氏は、「これまでKPMGが培ったノウハウとブロックチェーン技術を組み合わせることで、顧客の戦略目標達成に貢献したい」とコメント。

Microsoftのハイブリッド・クラウド・プラットフォーム「Azure」と、「ブロックチェーン・アズ・ア・サービス(BaaS)」を基盤にした、大型ブロックチェーン・ハブの誕生に、FinTech周辺事情がますます騒がしくなりそうだ。(FinTech online編集部)

最終更新:2/19(日) 7:40
ZUU online