ここから本文です

女性は80歳を超えてからセックスの満足度アップ、英研究

2/19(日) 9:00配信

The Telegraph

【記者:Henry Bodkin】
 80代の女性は50代の女性よりもセックスを楽しんでいるとする研究結果を、英国の国際長寿センター(ILC)が発表した。

 英国に住む50歳以上の男女7000人以上を対象に調査を行ったところ、女性は50~79歳までは年を重ねるにつれて性的興奮を覚えにくくなるが、80歳を超えると性欲は60代と同じぐらいになっていた。

 この調査を行った研究者たちは、高齢になって自分の体形をありのまま受け入れられるようになったり、セックスは完璧である必要はないと思えるようになったりしたことが関係しているのではないかと見ている。

 調査で得られたデータによると、50代では約25%の女性が性的興奮を覚えにくいと回答したのに対し、60代ではこの値が約37%に、70代では約40%に上昇した。ところが、80代では約35%に低下した。

 報告書を執筆した英マンチェスター大学(University of Manchester)のデービッド・リー(David Lee)氏は、「80歳になったらセックスをしなくなるという社会通念がある」と言う。80歳を超えてセックスするなんて「信じられない、気持ち悪い、冗談かと思われているが、そんなことは全くない。80歳以上の人たちも、そんなふうには思っていない」

 この研究では、性生活により満足している高齢の女性ほど、パートナーとより頻繁にセックスしていることも分かった。

 男性の場合もセックスの頻度と満足感に比例関係が見られたが、週2、3回を超えると満足感が減退していく傾向があった。研究者らは、この理由は分からないとしている。

 ILCのサリー・グリーングロス(Sally Greengross)代表は「多くの男女が生涯を通じて性的に活発であることは分かっている」と言う。「年老いてからの親密な関係は、健康と幸福感に良い影響を与え続ける可能性がある」

 グリーングロス氏はまた、いまだに高齢者はセックスしないという誤った社会通念があり、そうした誤解を解いていく必要があると語った。【翻訳編集】AFPBB News

「テレグラフ」とは:
1855年に創刊された「デイリー・テレグラフ」は英国を代表する朝刊紙で、1994年にはそのオンライン版「テレグラフ」を立ち上げました。
「UK Consumer Website of the Year」、「Digital Publisher of the Year」、「National Newspaper of the Year」、「Columnist of the Year」など、多くの受賞歴があります。

最終更新:2/19(日) 9:00
The Telegraph