ここから本文です

外環道「関越~東名」区間、半世紀を経てトンネル掘削本格スタート 待ち受ける課題も

2/19(日) 15:48配信

乗りものニュース

50年越し、ついに始動

 2017年2月19日(日)、国が建設を進める外環道「関越~東名」区間において、本線トンネルを掘削する2機のシールドマシンが、東名高速の東京IC付近に建設中の東名JCT(仮称)予定地(東京都世田谷区)から大泉JCT(東京都練馬区)に向け、発進しました(以下、未開通区間のIC、JCT名はすべて仮称)。

【画像】外環道「関越~東名」区間のルート

 外環道は、東京都心から約15kmの位置を環状に通る全長およそ85kmとなる予定の道路で、現在は大泉JCT~三郷南IC間の約34kmが開通しています。2017年度には三郷南ICから、首都高湾岸線と交わる高谷JCT(千葉県市川市)までの「千葉区間」が開通する予定です。

 今回シールドマシンが発進した約16kmの「関越~東名」区間は、一般道の環状八号線におおむね並行します。開通すれば、環状八号線経由で60分かかっていた同区間は、12分に短縮できるそうです。都心に集中していたクルマの流れが分散され、環状八号線だけでなく環状七号線や首都高などの渋滞緩和も期待されるといいます。

 式典に出席した小池百合子東京都知事は「外環道の開通により、経済の『血液』ともいえる人とモノのスムーズな流れがうながされます。生産性が向上するとともに、世界の都市間における東京の競争力を高めます」と話しました。

 この「関越~東名」区間は1966(昭和41)年、東京都によって高架方式で都市計画が決定されました。しかし、地元の反対などからいったん事業が凍結され、2007(平成19)年、環境への影響を抑えるべく地下方式へと計画を変更。そしてこのたび、最初の都市計画決定からおよそ50年を経て、本線トンネルを掘削するシールドマシンが発進しました。

直径は過去最大 地下40m以深を貫くトンネル

 2機のシールドマシンはそれぞれ直径およそ16mで、国内のトンネル工事では過去最大のもの。これまでの最大は、東京湾アクアラインのトンネル工事で使われた直径およそ14mだったそうです。

 大泉側からもシールドマシンの出発準備が進められており、東名側から9km、大泉側から7km、各2機ずつ用いて地下トンネル2本を貫通させ、それぞれに片側3車線の道路を通します。

 シールドマシンが掘り進むのは、地表から40m以深の「大深度地下」。さまざまな土質に対応できるという「泥土圧式シールド」を採用しており、1機あたり月最大500mを掘り進むそうです。

 式典に出席した石井啓一国土交通大臣は「外環道のプロジェクトで確立された技術が、日本の国際競争力を高めることにつながる」と、その技術力の高さに自信を見せます

 ただ、最新の技術で臨まれるトンネル工事ですが、なかには難工事が予想されている箇所もあります。

1/2ページ