ここから本文です

神田沙也加 居場所探し、もがいた20代 『アナ雪』ヒットで完璧主義やめた

2/20(月) 11:50配信

THE PAGE

 『宇宙戦艦ヤマト』シリーズ最新作『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』でテレサ役を務める女優の神田沙也加。女優としてデビューするも、いったん休業。その後、主戦場を舞台に移すと、ミュージカルで鍛え上げた歌唱力と表現力の高さは演劇業界内でも評判になり、活躍の場は広がっていった。常に現状に満足せず、勝負している印象があった神田だが、30歳を迎え「すごく気持ちが楽になった」と心情を吐露。その胸のうちに迫った。

芸能活動の転機は2つ

 本作出演に際して「小さいころから声優になることが夢だったんです」と目を輝かせた神田。ミュージカルに声の仕事など、近年、幅広い活躍が目立つが、自身の芸能活動を振り返り「分かりやすい大きな転機は二つありましたね。一つめは17歳のときに『Into The Woods』(宮本亜門演出)に出演したことと、2014年の『アナと雪の女王』ですね」と語る。

 『Into The Woods』はオーディションで勝ち取った役だ。5年前のインタビューで神田は「ミュージカルの世界はとにかく実力勝負。しっかりオーディションをして力がなければ落とされるんです」と語っていたように、純粋な芝居の力が試される場所で、自身の活路を見出した。当時の神田に「何かと戦っている印象があった」とぶつけてみると「そうかもしれませんね。あのときは、見せないようにはしていましたが、自分の居場所を見つけて根を張らなければという必死さを持っていたと思います」と胸のうちを明かす。

完璧主義を変えた『アナと雪の女王』

 しかし、いまの神田からは、いい意味でとても柔和な印象を受ける。

 「最近の話ですが、30歳になって楽になったんです。人から『30歳になったら楽になるよ』って言われていたのですが、半信半疑だったんです。でも実際になってみると本当に楽になったんですよ」と笑顔をみせる。その理由を「どれも完璧じゃなくてもいいやって思えるようになったんです」と語る。

 そのきっかけは『アナと雪の女王』の日本語吹替え版への参加だったという。「私は完璧主義で、舞台とかが始まると持ち点100という風に考えて、上手くいかないと減点していって、最後何点になったかという感じに、毎日クオリティの高い一日を過ごさなくてはとシビアに自分に課していたんです」。

 そんななか、『アナと雪の女王』の大ヒットにより、神田のこうした考えに変化が生じた。「あの作品でメディアにたくさん出させていただいて、すごくいい経験だったのですが、すごく忙しくて、くたくたに疲れてしまった時期があったんです。とてもじゃないけれどそんな完璧主義じゃ回らなくなってしまって、100点という持ち点の天井を下げたんです。そうしたら少しずつ気持ちも楽になっていったんです」。

1/2ページ

最終更新:2/27(月) 12:01
THE PAGE