ここから本文です

BOYS AND MEN 研究生 拠点名古屋の単独公演でメジャーデビューを発表

2/20(月) 20:30配信

エキサイトミュージック

名古屋発のボーイズグループ、BOYS AND MEN 研究生が、拠点である名古屋の地・名古屋国際会議場センチュリーホールで『BOYS AND MEN 研究生ライブ 2017 羽ばたきの章』と銘打った単独ライブを開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

観客動員は満員御礼の約3,000人。全18曲、約120分、メンバー全13名が勢ぞろいし、白熱したパフォーマンスを披露した。

オープニング映像では、現在に至るメンバーの活動写真が映し出され、今まで共に歩んできたファンは、BOYS AND MEN 研究生との楽しい日々を思い出しているようだった。映像の最後には、「2017年、いよいよ本格始動!!」とのメッセージが。

その直後、新衣装を纏ったBOYS AND MEN 研究生13名が一斉に、地下階からリフトでステージに登場。会場に響き渡る大歓声のなか、1曲目「バリバリ☆ヤンキーロード」がスタート。「このステージに立つのが夢だった! 今も夢のような気分……(笑)」(野々田奏)、「今日のこのステージが、僕たちにとって新たなスタートです!」(寺坂頼我)と、「2017年、いよいよ本格始動!!」を知らしめるビッグステージの幕開けとなった。

ライブ中盤には最新曲「ドドンコ Don't worry」を披露。2016年夏フェス(名古屋・東京・大阪 3会場ツアー)での人気投票結果による上位5名メンバーの歌唱曲ではあるが、この日は全メンバーの13人Ver.で披露。2017年1月に開催された兄貴分の『BOYS AND MEN』日本武道館公演に出演した研究生。そこで披露された13名Ver.の再来に、観客のテンションも早くもMAX状態に。

ライブ後半には、曲中にメンバーが一斉にバク転や後方宙返りなどをするアクロバティックなパフォーマンスを惜しみなく披露。研究生らしい、エンターテイメント性の高いステージが息つく間もなく繰り広げられる。

ライブあり、芝居あり、のあっという間の120分。本編最後のMCでは、リーダの寺坂頼我が、「誰も見たことのない景色を、僕たちと一緒に見ませんか?」「そこまでみんなを引っぱっていきます。連れていきます!」「僕たちを信じて付いてきてください! 後悔はさせません!」と、自分たちの覚悟を力強く表明した。

アンコール曲が終了後、所属プロダクション社長(フォーチュンエンターテイメント 谷口誠治氏)がサプライズ登場し、「重大発表があります」と一言告げた後、会場の巨大スクリーンに映像が映し出された。

「重大発表!!」
「BOYS AND MEN 研究生 から」
「選抜メンバーで」
「テイチクエンタテインメントより」
「メジャーデビューが決定!」
「新グループ名とメンバー名は..」

ここで会場内が一気に静まるも、

「後日発表!!」

メンバー全員の表情が一斉に凍りつき、その後ズッコけるという姿に会場に笑いが起こった。

メジャーデビューが発表され、BOYS AND MEN 研究生を取巻く環境は、一気に加速していきそうだ。

≪セットリスト≫
1. バリバリ☆ヤンキーロード
2. ヤンファイソーレ
3. Fight & Fire
4. Boys Be Brave ~1万回の勇気~
5. Advantage!
6. ドドンコ Don’t worry
7. ALIVE!
8. ダイヤモンドファイター
9. なごやめしのうた
10. SING-ALONG
11. BOYMEN NINJA
12. ウィシュハピ~I wish you happiness.~
13. My First・・・
14. Power Of Dream
<ENCORE 1>
15. ボクたちのONE
16. そいじゃッ レベルUP↑
17. 39S
<ENCORE 2>
18. Chance for Change

≪ライブ情報≫
2017年2月26日(日)東京・アーバンドッグ ららぽーと豊洲 シーサイドデッキ メインステージ
※観覧フリー(入場無料)/ミニライブ・握手会・撮影会

2017年2月26日(日)東京・ニコニコ本社 ニコぶくろスタジオ(池袋P'PARCO B1F)
※観覧フリー(入場無料)/公開生放送・握手会・撮影会