ここから本文です

閉校3割施設未活用 地域衰退加速を懸念

2/20(月) 12:19配信

宮崎日日新聞

 2002年度以降に閉校した県内市町村立の72小中学校のうち、16年5月時点で約3割に当たる21校の校舎や体育館が使われていない状態で残っていることが、県教委への取材で分かった。少子化に伴い閉校が相次ぐ中、各市町村教委は住民の交流拠点や企業誘致といった活用策を探るが、老朽化や利用のしにくさなどで難航。このままでは地域の衰退が加速しかねず、対策が急務だ。

宮崎日日新聞

最終更新:2/20(月) 12:19
宮崎日日新聞