ここから本文です

1000本のペン試せる、大阪に文房具カフェ

2/20(月) 13:00配信

Lmaga.jp

東京・表参道にある、文房具好きの聖地「文房具カフェ」が、期間限定で「東急ハンズ 梅田店」(大阪市北区)内のハンズカフェとコラボ。3月15日まで限定メニューなど飲食を楽しみながら、ペンなど文房具を自由に試すことができる。

【写真】ステッドラーの製図用ペンやシュナイダーの万年筆など、普段なかなか手にしないペンもずらり

トンボやパイロット、ゼブラなど文具メーカーの1000種類ものペンがずらりと並ぶコーナーには、シャープぺンシルやボールペン、色鉛筆、マーカーなど、長年愛されているものから新商品まで幅広い品揃え。なかには、定規や修正テープとセットになったペンや、食器デコレーションマーカー、8本の芯が1本に収まったカラークレヨンなどちょっと変わったものもあり、どれもこれも試してみたくなるものばかり。料理を待つ間も夢中になってランチョンマットに試し書きしてしまう。

限定コラボメニューとして「東急ハンズ」をイメージして作ったという「文房具パフェ」(1000円・税込)が登場。スプーンやえんぴつ箸が入っているケースはサンスター文具の「アーム筆入れ」で、中に入っているイワコーの「おもしろ消しゴム」はお持ち帰りできるというからうれしい。「文房具好きの女性が多くいらっしゃってますね。どんどんいろんなペンを試して、気に入ったものをチェックして東急ハンズで買っていただければ」と、ハンズカフェ店長の坂本さんが言うように、カフェのあと売り場に直行する人も多いとか。期間は3月15日まで。

最終更新:2/20(月) 13:15
Lmaga.jp