ここから本文です

【F4】フェラーリ育成のフィッティパルディ、プレマから伊F4に参戦

2/21(火) 16:43配信

motorsport.com 日本版

 昨年末に、フェラーリのドライバー育成プログラムであるフェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)に新加入したばかりのエンツォ・フィッティパルディとマーカス・アームストロングは、今年強豪プレマ・パワーチームでF4を戦うことが発表された。

【写真】エマーソン・フィッティパルディが駆ったロータス72D

 フィッティパルディとアームストロングは、昨年末FDAの加入テストをくぐり抜け、フェラーリのジュニアドライバーの仲間入りを果たしていた。

 15歳のエンツォ・フィッティパルディは、2度のF1チャンピオンに輝いたエマーソン・フィッティパルディの孫である。彼はアメリカでカートの経験を積み、昨年はジネッタ・ジュニア・チャンピオンシップでレースをしており、ベストフィニッシュ8位、ランキング18位でシーズンを終えている。

「FDAの一員となり、プレマとレースをすることができてすごく嬉しいし光栄だ」とフィッティパルディは語った。

「今年はルーキーなので、たくさん学ぶことがあると思うけど、僕は本当にやる気に溢れているし、シーズンの開幕を楽しみにしている」

 16歳のアームストロングは、近年ヨーロッパのカートで傑出したパフォーマンスを見せ、昨シーズンはニュージーランド・トヨタ・レーシングシリーズで初めてシングルシーターのカテゴリーにフル参戦を果たした。彼はそこで3勝を挙げ、ランキング4位となっている。

「2017年シーズン、プレマ・パワーチームと働くことができて大変嬉しく思っている。チームは膨大な知識と経験を持っており、彼らと同じ目標を共有することができるのは、素晴らしいことだ」とアームストロングは語った。

「僕は結果に飢えている。チームの評判は素晴らしく、僕はチームで学び成長するのが待ち遠しい」

 フィッティパルディはイタリアF4に集中するが、アームストロングはイタリアF4とドイツF4にフル参戦するようだ。

 同じくFDAに在籍しているシャルル・ルクレールとアントニオ・フォッコは、今年プレマからGP2に参戦することになっている。

Valentin Khorounzhiy