ここから本文です

“カナリア軍団”をU-20W杯に導けず……ブラジル、史上初の五輪制覇を成し遂げた指揮官を解任

2/21(火) 12:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

若き“カナリア軍団”、南米ユース選手権で5位

CBF(ブラジルサッカー連盟)は、U-20ブラジル代表を率いていたロジェリオ・ミカーレ監督を解任した。

2016年6月、CBFはドゥンガ監督を解任した。ブラジルのA代表とU-23代表の指揮官を兼任していたことから、U-23代表はU-20ブラジル代表を率いていたミカーレ監督が引き継いだ。そして母国開催となったリオデジャネイロ五輪では、決勝戦でPK戦の末にドイツを下しブラジル代表を史上初の優勝に導いた。

CBFとミカーレ監督は2020年東京大会まで契約を延長していた。だが2017年2月に行われた南米ユース選手権で、U-20ブラジル代表は最終ラウンドまで残るも5位で大会を終え、U-20ワールドカップ出場を逃した。そのことが原因でCBFはミカーレ監督を解任したと広報担当者のグレゴリオ・フェルナンデス氏が認めた。『ESPN』が伝えている。なお後任は未定となっている。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1