ここから本文です

カタール準優勝のウォズニアッキが初戦勝利 [ドバイ/女子テニス]

2/21(火) 15:01配信

THE TENNIS DAILY

 アラブ首長国連邦・ドバイで開催されている「ドバイ・デューティーフリー選手権」(WTAプレミア5/2月19~25日/賞金総額266万6000ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、アリソン・リスク(アメリカ)が第11シードのココ・バンダウェイ(アメリカ)を6-4 6-4で下して2回戦に駒を進めた。

 ドバイでデビューを遂げたリスクは、バンダウェイに対する2011年以降の5対戦で4度勝っている。「そのスタッツの説明はできないけれど、喜んで受け入れるわ」とリスクは言った。

 リスクと全豪オープン・ベスト4のバンダウェイは、2週間前にドイツを4勝0敗で倒したアメリカ・フェドカップ・チームのチームメイトだ。ふたりはフェドカップの会場だったハワイのマウイ島から、直接ドバイにやってきた。

 この日のバンダウェイは彼女のテニスの土台である攻撃力を機能させるのに苦労している様子だった。第2セットでは終盤の5ゲームのうち4ゲームがブレークとなったが、最後のゲームだけリスクがラブゲームでサービスをキープして試合を終わらせた。

「彼女はファーストサービスに問題を抱えていたようね。でも彼女は第2セットでリズムを取り戻し始めていた」とリスクは試合を振り返った。

 一方、第10シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)はダリア・カサキナ(ロシア)を6-2 7-5で倒した。ウォズニアッキは先週のドーハ・カタールで決勝に進んだが、そこでカロリーナ・プリスコバ(チェコ)に敗れていた。

 ウォズニアッキは第1セットの第1ゲーム、そして第2セットの第3ゲームと2度にわたって自分のサービスゲームを落としたが、それを除けば常に試合の舵を握っていた。

「コート上で、最初から集中力を保ち続けることができたことを本当にうれしく思うわ」とウォズニアッキ。彼女は2011年に今大会で優勝している。「ここのコンディションは(ドーハとは)大きく違う。ここではボールがよく飛ぶ。コートがドーハより速いのよ」。

プリスコバがウォズニアッキから初勝利を挙げ、大会初優勝 [カタール・トータル・オープン]

 2017年初となるツアー本戦をプレーした17歳、キャサリン・べリス(アメリカ)は第17シードのユリア・プティンセバ(カザフスタン)を6-1 7-5で下した。

 五輪金メダリストのモニカ・プイグ(プエルトリコ)は2時間以上をかけてヤロスラーワ・シュウェドワ(カザフスタン)を6-3 4-6 6-4で破っている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo:DUBAI, UNITED ARAB EMIRATES - FEBRUARY 20: Caroline Wozniacki of Denmark plays backhand during her match against Daria Kasatkina of Russia on day two of the WTA Dubai Duty Free Tennis Championship at the Dubai Tennis Stadium on February 20, 2017 in Dubai, United Arab Emirates. (Photo by Tom Dulat/Getty Images)

最終更新:2/21(火) 15:01
THE TENNIS DAILY