ここから本文です

“レアルを苦しめた”鹿島がアジアの戦いへ! ACL制覇へ闘志を燃やす植田「またあの場所で戦いたい」

2/21(火) 13:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「初戦に勝利して勢いをつけたい」

18日に行われた「FUJI XEROX SUPER CUP 2017」で、浦和レッズに勝利した鹿島アントラーズ。同クラブは日本時間で21日の19時より、AFCチャンピオンズリーグのグループステージ第1節で蔚山現代(韓国)と対戦する。

同クラブDF植田直通は日本サッカー協会公式ホームページのコメントで、同試合にむけて意気込みを語った。

「鹿島アントラーズが獲っていないものは、ACLのタイトル。昨年、FIFAクラブワールドカップを経験することができ、またあの場所で戦ってみたいと思っています。明日の試合に勝つか負けるかで、この先が変わってきます。しっかりと勝って勢いをつけていきたいです。海外チームとの対戦は自分自身にとってチャンスであり、1試合を大切にして成長に繋げたいです」

浦和戦では縦に鋭いカウンターを繰り出し、幾度となく相手ゴールを脅かした鹿島。昨年のクラブワールドカップ決勝でレアル・マドリードに善戦した陣容にレオ・シルバやペドロ・ジュニオールをはじめとする即戦力を加え、中盤でのボール奪取力やカウンターのスピードを格段に向上させた。驚異的な速度で陣容の強化を進めている同クラブだが、クラブ史上初となるACL制覇を成し遂げ、再びクラブワールドカップへの挑戦権を得ることができるだろうか。同クラブの壮大な野望への挑戦が、今始まろうとしている。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1