ここから本文です

アーセナル、今夏の最優先事項はセリエAが誇る61億円アタッカーの確保! 英紙報じる

2/21(火) 13:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

競合クラブも複数存在

アーセナルが、ナポリでプレイするイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェの獲得に関心を示している。

現在25歳と脂の乗った時期にいるインシーニェは2006年よりナポリユースに加入し、フォッジャやペスカーラといった国内クラブでの武者修行を経て、2012年にナポリへ復帰。小刻みなステップワークから繰り出される高精度のドリブルと、思い切りの良いアグレッシブなプレイで瞬く間にクラブでの存在価値を高めた。英『THE Sun』によると、そんなインシーニェの獲得をアーセナルが今夏の最優先事項として掲げており、近日中の会談を望んでいるという。若きイタリア代表ドリブラーとの契約を2019年まで残すナポリ側は、同選手の譲渡に最低でも61億円を請求するだろうと同紙は伝えている。

なお、インシーニェの獲得にはこれまでにローマやリヴァプールといった名門クラブも名乗りを上げており、今後は激しい獲得競争が勃発する可能性もある。先日はサンティアゴ・ベルナベウにてレアル・マドリードを相手に勇敢なミドルシュートを沈めてみせたインシーニェ。果たしてアーセナルはこの有能なアタッカーと契約することはできるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp